未分類

レッグマジックというのはウエストや下半身の筋肉を鍛える効果のある運動器具です。真ん中から左右に向かって横にスライドするペダルに乗って脚を開いたり閉じたりする運動を繰り返すことで、普段の暮らしの中では鍛えにくい内ももや外ももの筋肉に負荷をかけて鍛えることができるので鍛えられたすっきりとした美脚作りに効果的です。

太ももレッグマジックを使用することで特に効率よく鍛えることができるのが太ももの内側にある内転筋と呼ばれる部分です。この筋肉は股関節を下から支える働きがあり、内転筋が衰えると骨盤が開いて背中や下腹部などが太って脂肪がつきやすい体型になり、いわゆる下半身デブの状態になって身体全体のバランスが崩れてしまいます。当然ながら脚もしまりのない状態になり、骨盤が開いてむくみなども出やすくなってしまいます。

レッグマジックを使ってこの内転筋を鍛えることで身体のゆがみを予防し、正しい姿勢をとるための筋肉が付いて痩せやすい体にすることができます。そして下半身の筋肉だけでなく脚を真ん中に寄せる動作ために腹筋も使うので、継続して使用することで下半身を引き締めて美しい脚を手に入れるだけでなく、ウエストを引き締めヒップアップする効果も期待できる運動が出来ます。

前述してきたように、脚やせ効果のある運動は様々です。この他にもストレッチや食生活の改善、マッサージなど沢山の脚やせ方法があります。こうした情報は現在であればSNSなどで簡単に入手することができるでしょう。脚やせ情報を多く掲載しているリフィートのfacebookでは美脚効果のある情報を日々発信しています。こうしたサイトは溢れていますので、参考にして自分に一番合った方法で挑戦してみてくださいね。

太もも自転車に乗るということはなんとなく足が太くなるイメージがあります。競輪の選手が太もものサイズがウエストほどの太さになることからそのようなイメージを持つ人が少なくないのですが、一般的な自転車をこいでいて足が選手ほどまでに太くなることはまずありません。あくまでも競輪の選手は筋肉から乳酸が出るくらいハードなトレーニングを続けた結果あのような筋肉の塊のような脚になるのです。

スポーツジムなどでよく見かけるエアロバイクはペダル漕ぎによるサイクル運動をすることでカロリーを消費するという器械です。エアロバイクを使ったペダルこぎ運動は筋肉痛になる心配もなく足に筋肉が付いて太くなってしまう心配も少ないといわれています。これは一般の自転車とは異なり負荷とペダルのこぎ方にポイントがあるのですが、筋肉痛をおこしてしまうほど負荷をかけてエアロバイクをこぐのは脚痩せには逆効果になってしまいます。

すっきりと引き締まった美脚を目指すのならペダルの負荷を必要以上に重くせず、回転数を増やしてペダルをくるくるとこぐようにします。そしてサドルの高さをペダルが一番下に来た時に足がしっかり伸びきる少し手前くらいになるのが最も効果的な高さで、サドルが低すぎると体重をかけてしまうこぎ方になるので自分に最も合った高さにすることで太ももの裏からおしりにかけての筋肉の引き締めにもなるため脚痩せにも効果が期待できます。最後に、レッグマジックで脚やせについて説明します。