エアロバイクで脚やせ

太もも自転車に乗るということはなんとなく足が太くなるイメージがあります。競輪の選手が太もものサイズがウエストほどの太さになることからそのようなイメージを持つ人が少なくないのですが、一般的な自転車をこいでいて足が選手ほどまでに太くなることはまずありません。あくまでも競輪の選手は筋肉から乳酸が出るくらいハードなトレーニングを続けた結果あのような筋肉の塊のような脚になるのです。

スポーツジムなどでよく見かけるエアロバイクはペダル漕ぎによるサイクル運動をすることでカロリーを消費するという器械です。エアロバイクを使ったペダルこぎ運動は筋肉痛になる心配もなく足に筋肉が付いて太くなってしまう心配も少ないといわれています。これは一般の自転車とは異なり負荷とペダルのこぎ方にポイントがあるのですが、筋肉痛をおこしてしまうほど負荷をかけてエアロバイクをこぐのは脚痩せには逆効果になってしまいます。

すっきりと引き締まった美脚を目指すのならペダルの負荷を必要以上に重くせず、回転数を増やしてペダルをくるくるとこぐようにします。そしてサドルの高さをペダルが一番下に来た時に足がしっかり伸びきる少し手前くらいになるのが最も効果的な高さで、サドルが低すぎると体重をかけてしまうこぎ方になるので自分に最も合った高さにすることで太ももの裏からおしりにかけての筋肉の引き締めにもなるため脚痩せにも効果が期待できます。最後に、レッグマジックで脚やせについて説明します。